スマホアプリを使った【バースデーポスター(成長時計)】の作り方。

写真文字入れアプリの定番Phontoをご存じの方は多いと思いますが、実はこのアプリ、写真に文字を入れるだけでなく、無料でちょっとしたポスターも作れちゃうんです!

こんにちは、奥戸サオリです。

今回は実際にスマホアプリ『Phonto』(無料)を使って作成した、バースデーポスター(成長時計)の作り方を画像付きで解説します。

※解説で載せている画像はiPhoneでの作成過程をキャプチャーしたものです。androidとは多少仕様が異なります

前回の記事にも登場したバースデーポスター『Phonto』で作成しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

写真文字入れアプリ『Phonto』とは?

Phonto 写真文字入れ

Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

写真文字入れアプリ『Phonto』とはその名の通り、簡単に写真に文字を入れることができるアプリです。

フォントの種類も(2017/1/21現在)iOS400種類以上android200種類以上利用することができ、日本語フォント30種類以上利用できる上に、なんと好きなフォントをフリーフォント配布サイトからダウンロードしてきて使うこともできちゃいます!

ただしフリーフォント配布サイトの中には怪しいサイトもたくさんあるため、ダウンロードして利用する際には注意が必要です。下記サイトではライセンス利用規約に関する注意点を踏まえた上で、おすすめフリーフォント配布サイト紹介されていて、とても参考になります。

こんにちは、デザイナー兼イラストレーターのもりたです。 最近、うら若い後輩たちが意外とフォントのあれこれについて知らないということに気付きました。なので、フォントのことについて何回かに分けて書いていきたいと思います。 第1回目は、プロになりたてのデザイナーだとうっかり間違えることも多い、「フリーフォント」について。 初...

私は上記サイトのおすすめの中で、dafont.comを利用させていただきました。

実際に『Phonto』フォントインストールする方法は、『Phonto』の公式サイトでiOSandroidそれぞれのバージョン別に説明がありました。

iOSバージョンはこちら

androidバージョンはこちら

まずはざっくりデザインを決める

バースデーポスター

ポスター案

0ヵ月~12ヵ月1歳)までの顔写真を並べて成長度合いがわかるものにしたい。
誕生日産まれた時間、産まれたときと1歳のときの身長体重比較、その他できるようになったこと歯の本数なども盛り込みたい。

→これらを踏まえて、アナログ時計型(成長時計)デザインに決定しました。

今回は私が実際に作ったバースデーポスターを参考に、『Phonto』使い方と併せて作り方を解説していきますが、バースデーポスターは特にこれといったデザインが決まっているわけではないので、基本的には自分の好きなようにデザインを決めることができます。

『Phonto』は写真文字入れアプリですが、プレーン画像を選択することで、写真を使わず好きなフォントを組合せたデザインのポスターを作ることも可能です。

文字だけのシンプルなバースデーポスターオシャレですよね^-^

『Phonto』を使ったバースデーポスター(成長時計)の作り方

①背景を選択

アプリを起動し、画面上もしくは下のカメラアイコンタップ

Phonto 背景を選択

メニューが出てくるので「プレーンな画像を使用する」をタップ

Phonto プレーンな画像を使用する

今回は右上の白無地の背景を使用します。(鍵マークが付いているものは有料テンプレートです)

Phonto テンプレート

デフォルトでは【2048×2048】正方形が選択されているので、タップして画像サイズを選びます。

Phonto 画像サイズ

今回はA4サイズ縦長ポスターを作成するので【3:2】縦長の画像をタップします。

Phonto 画像サイズ

右上の四角に矢印アイコンタップするとメニューが出てくるので、「使用する」タップ

Phonto 画像サイズ

これで背景の選択完了です。

Phonto 背景の選択完了

②使用する画像を追加する

左下の3本横線アイコンタップすると、メニューが出てくるので「画像を追加」タップ

Phonto 画像追加

Phonto 画像追加

使用する写真を選ぶとトリミング画面になるので、円形選択

※今回サンプルとして☆マーク画像を使用していますが、お子さまの好きな写真を使用してください。

Phonto 画像編集

ズームインズームアウト写真の位置を調整したら、右上の完了タップ

Phonto 画像追加

③追加した画像の編集

追加したトリミング画像タップするとサイズなど調整するメニューが出てきます。

Phonto 画像編集

今回はサイズ「60に設定し、先ほどの「②使用する画像を追加する」を繰り返し、0ヵ月~12ヵ月の写真(計13個)アナログ時計の文字盤のように並べます。真ん中は12ヵ月(1歳)の写真です。

Phonto 画像編集

移動は指でスライド移動させることも可能ですが、メニュー「移動」タップすると微調整に便利なアイコンが出てきます。

Phonto 画像編集

④文字の入力と編集

次に文字を入力編集していきます。

画像以外のスペースタップすると「文字を追加」というメニューが出てくるのでそれをタップ

Phonto 文字入力

文字入力の画面になるので、まず最初にアナログ時計の針に使う文字の矢印(←)入力「完了」タップ

Phonto 文字入力

画像と同様に追加した文字タップすると、サイズなど調整するメニューが出てきます。

サイズ以外にも傾きなど、時計の針のように調整して移動させます。

Phonto 文字入力

次は名前誕生日などの文字を入力していきます。(フォント3種類使用しました。)

文字入力画面で文字を入力し、「フォント」タップ

Phonto 文字編集

名前にはアプリに元々入っているフォント「Fredericka the Greatを使用。フォントを選択したら「完了」タップ

Phonto 文字編集

Phonto 文字編集

追加した文字のメニュー左にスライドさせて、

Phonto 文字編集

「カーブ」タップカーブのつまみ左右スライドさせると、文字カーブします。

Phonto 文字編集

※今回はすべて文字はのままにしましたが、文字の色を変えたい場合はメニュー「スタイル」変更可能です。

誕生日などのその他情報は、こちらもアプリに元々入っているフォント「Bodoni 72 Oldstyle Bookを使用。

Phonto 文字編集

同様にカーブさせたり傾かせたりしながら、好きなように配置していく。

Phonto 文字編集

「HAPPY BIRTHDAY」という文字のフォントは、前述のdafont.comよりインストールしたフォント「KGALittleSwag.ttfを使用。

※こちらのフォント「Free for personal use」(個人的な目的でのみ利用可能。商用では使えない。)ものなので、利用する際には注意が必要です。

Phonto 文字編集

全ての配置が終えたら完成です。

Phonto 文字編集

⑤完成画像を保存する

完成画像の保存は、右下にある四角に矢印アイコンタップ

Phonto 完成画像保存

「画像を保存」タップ

Phonto 完成画像保存

「正常に保存しました!」というポップアップが出たら保存完了です。

Phonto 完成画像保存

作成に時間がかかる場合は、アプリが途中で強制終了してしまう可能性もあるため、作成途中でも適時「画像を保存」しておくことをオススメします。
ただし途中で「画像を保存」した画像は、背景として選択して引き続き使うことができますが、その場合は、「画像を保存」した以前画像文字などは編集できなくなります

あとは保存した完成画像を家のプリンターコンビニプリントなどでプリントすれば、バースデーポスター完成となります♪

最後に

Phontoを使ったバースデーポスター(成長時計)の作り方、いかがでしたか?

アプリに慣れないうちは難しいと感じるかもしれませんが、慣れるとスマホ一つで色んな編集・加工ができるアプリなのでとっても便利です。

バースデーポスター以外にも、ウェルカムボード年賀状デザイン作成にも使えますよね♪

ぜひ試してみてください^-^

2歳の誕生日飾りつけでは、トーマスのウェルカムカードをこちらのPhontoで作成しました。

記事:2歳誕生日【おうちスタジオ風】飾りつけテーマはきかんしゃトーマス

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る